Uncategorized詳細

インド・ネパール仏跡参拝7日間の旅を催行(広島営業所)

ラージガート国立博物館(仏舎利容器)祇園精舎1涅槃堂荼毘塚マヤ堂ルンビニのアショカ王柱カトマンズ本願寺ソナムさん旧王宮広場旧王宮広場2パシュパティナート

 

 

2月12日(水) ~ 18日(火)の日程で、12名様のご参加をいただき、釈尊三大聖地とカトマンズ本願寺を参拝する7日間の旅を催行させていただきました。

 

 

 

 

 

到着の日、デリーの気温は6~22℃、2日目の午前までは快晴でしたが、その後、珍しく、しとしとと雨の降り続くインド・ネパールの旅となりました。

 

 

 

 

 

デリーでは、官庁街を抜けて、昨秋には天皇皇后陛下が、先月には安部晋三首相も訪れたおられたマハトマ・ガンジーの火葬場ラージ・ガート、国立博物館ではインド側カピラ城跡とされる遺跡から出土した仏舎利容器を見学。

 

 

 

 

 

3日目より仏跡参拝が始まり、阿弥陀経説法の地・祇園精舎、涅槃の地クシナガラ、陸路国境を越え、生誕の地ルンビニを参拝。各地ににておつとめ、引率御寺院様よりご法話をいただきました。

 

 

 

 

 

ルンビニではドシャ降りにあい、夕刻のカトマンズ行き国内線はフライトキャンセルに。急遽、ルンビニ法華ホテル泊となってしまいました。

 

 

 

 

 

翌朝の再チャレンジでは、何とか午前中にカトマンズに飛ぶことができ、カトマンズ本願寺を参拝。おつとめの後、ソナム師からご法話をいただきました。

 

 

 

 

その他、旧王宮広場やタメル地区を散策。

 

 

 

 

翌朝は6名様がマウンテンフライト、6名様が目玉寺ボダナートを訪れました。この日、ようやく天候も晴れとなり、帰りのシンガポール航空からは、ヒマラヤが綺麗に見られました。ほぼ予定時刻、のフライトで帰国の途へ。

 

 

 

 

 

広島駅で解団式。慌ただしい日程でしたが、大きく体調を崩す方もなく、お元気で賑やかな皆様のおかげで旅も無事終了。前回ご参加の方は、釈尊六大聖地参拝コンプリートとなりました。おめでとうございます!

 

 

またのご縁を願っております。有り難うございました!

 

 

 

 

 

 

添乗員 佐古田寛太