Uncategorized詳細

広島県宗務所様主催 大本山総持寺檀信徒本山研修会(広島営業所)

アプト式鉄道1アプト式鉄道2可睡斎1可睡斎2可睡斎3可睡斎東司1可睡斎東司2豊川稲荷1豊川稲荷2豊川稲荷3

平成25年度、曹洞宗広島県宗務所様主催『大本山総持寺檀信徒本山研修会』の旅は、10月23日(水) ~ 25日(金)〔2泊3日〕の日程で行われ、58名様が参加されました。

 

 ちょうどやって来そうな台風27号が、新たに出現した28号の影響を受けて、進路・速度ともに読めない状況下の出発となりました。

出発2~3日前から、頭の中は台風への対処でいっぱいでしたが、意外に傘も持って来ていないお客様が何人もいたことにビックリすると同時に、不思議と、少し気が楽になったような気がしました。

 

広島、三原からの乗車のお客様と、福山からJR車内で合流し、一路、東京駅へ。

 昨年完成した東京駅丸の内駅舎を車窓から眺めながら大本山総持寺へ。

 

到着後、大講堂にて開講式が行われ、宗務所長様からご挨拶をいただき、輪袈裟の授与式などが行われました。休憩時間には、売店でのお買い物や、裕次郎さんのお墓へ参りました。

 ご法話や薬石、翌朝の大祖堂での先祖供養と朝課、諸堂拝観など、体調を崩す方もなく、一泊研修を無事修了しました。

 

2日目の朝、本山出発後、東名・新東名高速を西へ。幸い、台風の影響もまだありません。

静岡県島田市の家山駅より、大井川鉄道SL列車に乗車しました。車内で駅弁をいただきながら、わいわいと談笑・・・懐かしさからか?会話がはずむ! おまけに車窓さんのハーモニカパフォーマンスもあり、車中は大変賑やかでした。

 

千頭駅で南アルプスあぷとラインに乗り換え、鉄道日本一の急勾配を登り、湖上の景色を眺めながら接阻温泉駅に着いたのは午後3時。乗り物時間が少々長すぎたようで、皆様お疲れ気味のまま、焼津黒潮温泉へ。

 

温泉でお疲れをおとりいただき、ご宴会は多数の舞台ご出演をいただき、楽しく盛り上がっていただきました!!

 

 

いよいよ心配した台風の影響もまぬがれ、最終日は、焼津魚センターでお買いものの後、曹洞宗東海二大名刹を参拝。可睡斎では、8教区・明福寺の松原老師にお出迎えいただき、堂長様(佐瀬道淳老師・島根県松源寺住職)より、お話しをいただき、修行僧の方に僧堂などをご案内賜りました。

日本一(緊張する?)東司を利用させていただき、出発。

 

 

 旅の締めくくりは。豊川稲荷・妙厳寺にて、御祈祷をおつとめいただき、精進料理をいただいて、益々安心して、帰路へとつきました。

 

ほぼ予定通り名古屋駅に到着。多少の自由時間の後、のぞみにて帰広。

 

福山駅から庄原へ、お帰りのバス道中でも大した雨にはあいませんでしたが、川の流れは早く、水かさもかなり高くなっており、広島は随分降ったことがわかりました。

旅行中、一度も傘を差さなかったのは大変恵まれていましたが、今年は特に10月の台風被害が大きく、11月のフィリピンの被害はとても大きく、これ以上ないよう願うばかりです。

 

いつも笑顔で、盛り上げ上手、旅上手な皆様のおかげさまをもちまして、今年度の広島県宗務所様主催・檀信徒本山研修会を無事修了いただました。ご旅行中は万端につき、お力添えを賜りまして、あらためまして厚く御礼申し上げます。

これに懲りず、またのご参加を賜り、皆様とお会いできますよう、願っております。

有り難うございました。合掌

 

 

添乗員 佐古田・村上